自分でコーティングをするのと業者でやる値段

自分でコーティングをするのと業者でやる値段

車のガラスコーティングは、人に頼らなくても実は自分でやることが出来るんですね。
その際には、自分で施行出来るようのガラスコーティングを使う事で自分でも綺麗に仕上げる事が出来るんです。
では、どのようなガラスコーティング剤使えばいいのでしょうか。

どんなガラスコーティング剤を選べばいいか

ガラスコーティング剤を選ぶ際には、どのようなものを選べばいいのかというところですがまず選んではいけないのがパッケージの瓶がプラスチックになってる物ですね。
ガラスコーティング剤、というのは実は空気が中に入ってしまうと品質が劣化してしまいますので、密閉性の高いガラス製の瓶に入っている物ではないのは本物ではないんですね。
プラスチック製気の物は、ガラスコーティング剤ではないので間違えて買わないように気をつけましょう。

ガラスコーティングの値段について

コーティング剤自体はそれほど高い物ではなく、綺麗に仕上げる事が出来る物でも2000円くらいの値段で購入する事が出来るんですね。
しかし、業者にまかせれば数万円も取られるなんて考えるとコーティング依頼なんてぼったくりのように思えるかもしれませんね。
しかし、そういうわけではなく業者にコーティングを依頼する場合は様々な手間や設備などの準備が整っているため値段としては全然妥当なんです。

綺麗に仕上げるために必要な環境

コーティング業者に任せる場合、風がなく埃や砂などがつかないという屋内であること。
磨きの道具の準備や、ノウハウと技術、経験を持っている事。
そして、硬化や定着化などをするための設備の準備と言ったように様々なところで準備が整っていて出来る事なんです。
そのための技術料や設備料があの値段なわけですね。

関連する記事

Comments are closed.