自分で出来るカーコーティングの性質

自分で出来るカーコーティングの性質

カーコーティグは、車のボディを綺麗に保護するのには非常に効果的ですし、ワックスなどよりもとても効果が高いのでおすすめなんですね。
そして、これは業者に任せるとお金がかかてつぃまうので自分でやるカーコーティングが今注目を受けています。

自分で出来るガラスコーティングとは

カーワックスならいざ知らず、カーコーティングのような車のボディを保護するという物だと自分で出来るのか心配になるかもしれませんが実は自分で出来るガラスコーティング剤も今はあるんですね。
自分で行うガラスコーティングは、それ専用の物を使った方が素人であっても綺麗に仕上げる事ができやすくなります。
その際に、色々と注目したいのがガラス含有率や親水性、撥水性と言った皮膜の性質などですね。
今回は特に、水対策への解説を詳細にしていきます。

撥水性と親水性について

カーコーティングの性質の説明の際に、撥水性や親水性と言ったものを書いているところがあるのですがこの2つはそもそもどんな意味なのでしょうか。
撥水性というのは謂わば水がかかった時にボディが水を弾いて水滴になりやすい事です。
そして、親水性というのがかかった水が水膜になるという性質のことを示していて、どちらも雨などで濡れたり洗車した後の水で流した後のボディへの影響に関係しますね。

どちらがいいのか

車のボディの質や色などにもよりますね。
特に、黒系の色のボディの場合は撥水性だと水滴になった物がウォータースポットになったりして汚れ多用に見えてしまうんです。
そのため、黒系のボディの車のカーコーティングでは撥水性よりもウォータースポットなどができにくい、水膜になる親水性の高さの方が重要になってきます。

関連する記事

Comments are closed.