カーコーティングを自分でやる場合の選び

カーコーティングを自分でやる場合の選び

車のボディを保護するためのカーコーティングを安上がりにするため、業者に任せず自分でやるならば、自分で出来るようなカーコーティング剤を使うのがいいです。
自分でやる際には、どのようなカーコーティング剤がいいのかを解説していきます。

自分で出来るカーコーティング選び

素人が自分で車にカーコーティングをする場合は、素人でもカーコーティングをやりやすいようにするようなものを使うのがいいですね。
その中で、何を重要視すればいいのかですが一番チェックしたいのが耐久年度ですね。
やはり、カーコーティングは自分でやるにしてもそこそこ時間もかかりますので、あまり頻度高く塗り替えをしないといけないものはやっぱり大変ですからね。
なので、ある程度耐久年数が眺めのカーコーティング剤の方が一度やってしまえばいいのでおすすめになっています。

塗りやすさも重視しよう

もう一つ、自分でカーコーティングをやる際に大事になってくるのが、施行のしやすさですね。
カーコーティング剤はそれによって、施行のしやすさや難しさが変わるので、自分で出来るようの物は特に施行が簡単なものを重視して選ぶといいでしょう。
特に、やりやすい物はコーティング剤の伸びがよかったりしてそれほど多くない量でもよく伸びて施行が出来る、という物の方がおすすめですね。

自分で出来るカーコーティング

カーコーティングを自分でやる場合は、業者のような専門の技術を持っていたりしないと、施行が難しい物はムラが出てしまったりして綺麗に仕上がらないこともあります。
しかし、自分で出来るコーティング剤は伸びが良くて塗りムラなどが出にくかったりしますので、簡単に施行する事が出来るんですね。

関連する記事

Comments are closed.