自分でカーコーティングをする場合

自分でカーコーティングをする場合

ガラスコーティングは、業者に任せてしまうと非常に高いお金がかかってしまいますからね。
なので、お金を節約したいけど車のボディの保護をしたいのであればカーコーティングを自分でしてみる、というのも1つの手段ですね。

自分でガラスコーティングをするには

自分でガラスコーティングをする際には、時間と天候、そして気温をちゃんと選ぶ必要があるんですね。
また、ガラスコーティングをする際にはいきなりボディに塗るのではなく下地処理という物を丁寧に行わなくてはいけないんです。
そして、下地処理をしたらそのまま車を動かさないようにしなくてはいけないので、下地処理を行う場合は車をそれ以上動かさなくていい場所で行うように気をつけるといいでしょう。
下地処理を終えたら、すぐにコーティング施行を行うようにする必要があります。

下地処理を終わったら

下地処理を終えたら、ガラスコーティングの施行に入るのですがその際にはまずボディが熱を持っていないことを確認してください。
そのため、炎天下だったり夕方や夏場なんかは避けた方がいいですね。
まら、風がないかどうかということを必ず確認しておくようにしましょう。
最後に、極端に低温だったり高温というような外気温でないことも条件となってきます。
夏場や冬場なんかはあまり向いていない、というわけですね。

どんな物が必要か

基本的に人力でガラスコーティングをするならば工具などは不要なのですがある程度物を用意しておくと楽になりますね。
ポリッシャーなどがあると、コーティングするのが捗るし塗りムラなどがおきなくなるので、あると便利ですね。
あまり難しいものを用意すると、技術や経験が必要になってしまうので注意しましょう。

関連する記事

Comments are closed.